様々な工夫をしているからおいしい

冷凍食品を作る際のこだわり

作り方の研究をしている

素材をじっくり煮込むことで、野菜や肉の旨味が溶け出したブイヨンが完成します。
このブイヨンが元になって、様々な料理が作られています。
ニチレイでは冷凍食品を作る時も、ブイヨンの存在を重要視しています。
さらに、食感も考えて作っています。
ニチレイの冷凍食品には春巻きがありますが、皮がパリパリになるよう何度も研究を重ねて、丁寧に巻いています。

チャーハンはお店で出されるように、パラパラに炒めてから冷凍しています。
このような手間がかかっているからこそ、温めるだけでおいしい料理を食べることができています。
チャーハンに欠かせない焼き豚も、ニチレイが自ら手作りをしています。
煮汁を隠し味として使うことで、よりおいしさを引き出せます。

失敗を繰り返して生まれる

最初から、このおいしさを実現できたわけではありません。
ニチレイは何度も失敗を重ねています。
春巻きでも、巻く力加減が強いとパリパリの食感になりません。
力が弱いと、具を綺麗に幕ことができないので失敗です。
何度失敗しても、妥協していると消費者に本当のおいしさを提供することはできません。

少しでも理想と違っていたら、失敗作になります。
厳しく味をチェックして、合格したものが商品として完成されます。
また素材が同じでも、異なる味わいができるように工夫されています。
できたてのおいしさを提供できる冷凍食品は、ニチレイのおいしい料理を届けたいという想いがあるから実現できています。
自宅に1つでもあると、料理ができない時に助かります。